トップ > お知らせ・新着情報 > 世界エイズデーイベント The path to ending AIDS: Mobilizing the city for Tokyo 2020 開催報告

世界エイズデーイベント The path to ending AIDS: Mobilizing the city for Tokyo 2020 開催報告

お知らせ
更新日:2019年12月16日
世界エイズデーイベント
The path to ending AIDS: Mobilizing the city for Tokyo 2020 開催報告

 

2019年12月2日に大村伸・美枝子記念聖路加国際大学臨床学術センター日野原ホールにて開催いたしました世界エイズデーイベント The path to ending AIDS: Mobilizing the city for Tokyo 2020(厚生労働省エイズ対策政策研究事業「2020年五輪大会に向けた東京都内のHIV・性感染症対策に関する研究」班主催/聖路加国際大学・UNAID共催)は、70名を超える皆様にお越し頂き盛会に終わりました。ジュネーブのUNAIDS本部よりお招きしたEleanor Gouws氏より、Fast-Track Citiesに参加によって得られるHIV対策上のメリットについて貴重なお話をうかがうことができました。フロアからも多数ご意見を頂き、2020年に向けて一丸となってHIV対策に取り組む雰囲気を感じたイベントとなりました。ご参集頂いた皆様に感謝申し上げます。


We hosted the World AIDs Day event on 2nd December “The path to ending AIDS: Mobilizing the city for Tokyo 2020” on behalf of the Sexual Health Research Program by the Ministry of Health Labor and Welfare in collaboration with UNAIDS and St. Luke’s International University. We are grateful for our dear participants who have allocated their time to join us and imparted their knowledge and work to our audience. Ms. Eleanor Gouws, a senior advisor from the UNAIDS have kindly joined us and gave us a valuable insight of what we can look forward to once Japan becomes part of Fast-Track Cities. It was a reassuring event that all the key leaders in the HIV/AIDS field are in unity in eliminating the disease in Japan.

20191202news.jpg

このページのトップへ