トップ > ACC活動報告 > 学会・論文発表(ACC業績集) > 2020年

2020年

更新日:2021年10月4日

原著論文-英文

※PubMed等(外部サイト)にリンクします

  1. Burgess SL, Leslie JL, Uddin J, Oakland DN, Gilchrist C, Moreau GB, Watanabe K, Saleh M, Simpson M, Thompson BA, Auble DT, Turner SD, Giallourou N, Swann J, Pu Z, Ma JZ, Haque R, Petri WA Jr.
    Gut microbiome communication with bone marrow regulates susceptibility to amebiasis.
    J Clin Invest. 2020 Aug 3;130(8):4019-4024. doi: 10.1172/JCI133605.
  2. Kurusu T, Kim KS, Koizumi Y, Nakaoka S, Ejima K, Misawa N, Koyanagi Y, Sato K, Iwami S.
    Quantifying the antiviral effect of APOBEC3 on HIV-1 infection in humanized mouse model.
    J Theor Biol. 2020 Aug 7;498:110295. doi: 10.1016/j.jtbi.2020.110295. Epub 2020 Apr 24.
  3. Rizzardini G, Overton ET, Orkin C, Swindells S, Arasteh K, Górgolas Hernández-Mora M, Pokrovsky V, Girard PM, Oka S, Andrade-Villanueva JF, Richmond GJ, Baumgarten A, Masiá M, Latiff G, Griffith S, Harrington CM, Hudson KJ, St Clair M, Talarico CL, Patel P, Cutrell A, Van Eygen V, D'Amico R, Mrus JM, Wu S, Ford SL, Chow K, Roberts J, Wills A, Walters N, Vanveggel S, Van Solingen-Ristea R, Crauwels H, Smith KY, Spreen WR, Margolis DA.
    Long-Acting Injectable Cabotegravir + Rilpivirine for HIV Maintenance Therapy: Week 48 Pooled Analysis of Phase 3 ATLAS and FLAIR Trials.
    J Acquir Immune Defic Syndr. 2020 Dec 1;85(4):498-506. doi: 10.1097/QAI.0000000000002466.
  4. Han WM, Bijker R, Chandrasekaran E, Pujari S, Ng OT, Ly PS, Lee MP, Van Nguyen K, Chan YJ, Do CD, Choi JY, Chaiwarith R, Merati TP, Kiertiburanakul S, Azwa I, Khusuwan S, Zhang F, Gani YM, Tanuma J, Sangle S, Ditangco R, Yunihastuti E, Ross J, Avihingsanon A; IeDEA Asia-Pacific.
    Validation of the D: A: D Chronic Kidney Disease Risk Score Model Among People Living With HIV in the Asia-Pacific.
    J Acquir Immune Defic Syndr. 2020 Dec 1;85(4):489-497. doi: 10.1097/QAI.0000000000002464.
  5. Zhang Y, Murakoshi H, Chikata T, Akahoshi T, Van Tran G, Nguyen TV, Gatanaga H, Nguyen KV, Oka S, Kuse N, Takiguchi M.
    Effect of difference in consensus sequence between HIV-1 subtype A/E and subtype B viruses on elicitation of Gag-specific CD8+ T cells and accumulation of HLA-associated escape mutations.
    J Virol. 2021 Feb 24;95(6):e02061-20. doi: 10.1128/JVI.02061-20. Print 2021 Feb 24.
  6. Akahoshi T, Gatanaga H, Kuse N, Chikata T, Koyanagi M, Ishizuka N, Brumme CJ, Murakoshi H, Brumme ZL, Oka S, Takiguchi M.
    T-cell responses to sequentially emerging viral escape mutants shape long-term HIV-1 population dynamics.
    PLoS Pathog. 2020 Dec 28;16(12):e1009177. doi: 10.1371/journal.ppat.1009177. eCollection 2020 Dec.
  7. Nagai R, Kubota S, Ogata M, Yamamoto M, Tanuma J, Gatanaga H, Hara H, Oka S, Hiroi Y.
    Unexpected high prevalence of severe coronary artery stenosis in Japanese hemophiliacs living with HIV-1.
    Glob Health Med. 2020 Dec 31;2(6):367-373. doi: 10.35772/ghm.2020.01080.
  8. Uchitsubo K, Masuda J, Akazawa T, Inoue R, Tsukada K, Gatanaga H, Terakado H, Oka S.
    Nucleos(t)ide reverse transcriptase inhibitor-sparing regimens in the era of standard 3-drug combination therapies for HIV-1 infection.
    Glob Health Med. 2020 Dec 31;2(6):384-387. doi: 10.35772/ghm.2020.01065.
  9. Oka S, Ikeda K, Takano M, Ogane M, Tanuma J, Tsukada K, Gatanaga H.
    Pathogenesis, clinical course, and recent issues in HIV-1-infected Japanese hemophiliacs: a three-decade follow-up.
    Review Glob Health Med. 2020 Feb 29;2(1):9-17. doi: 10.35772/ghm.2019.01030.
  10. Yanagawa Y, Nagashima M, Gatanaga H, Kikuchi Y, Oka S, Yokoyama K, Shinkai T, Sadamasu K, Watanabe K.
    Seroprevalence of Entamoeba histolytica at a voluntary counselling and testing centre in Tokyo: a cross-sectional study.
    BMJ Open. 2020 Feb 25;10(2):e031605. doi: 10.1136/bmjopen-2019-031605.
  11. Takano M, Jagdagsuren D, Gombo E, Bat-Erdene B, Dorjgotov M, Galsanjamts N, Zayasaikhan S, Takaku M, Sugiyama M, Mizokami M, Ichikawa S, Oka S.
    Prevalence and incidence of HIV-1 infection in a community-based men who have sex with men (MSM) cohort in Ulaanbaatar, Mongolia.
    Glob Health Med. 2020 Feb 29;2(1):33-38. doi: 10.35772/ghm.2019.01036.
  12. Matsumoto S, Nguyen HDT, Nguyen DT, Van Tran G, Tanuma J, Mizushima D, Van Nguyen K, Oka S.
    The patient voice: a survey of worries and anxieties during health system transition in HIV services in Vietnam.
    BMC Int Health Hum Rights. 2020 Jan 10;20(1):1. doi: 10.1186/s12914-019-0221-7.
  13. Katagiri D, Ishikane M, Asai Y, Kinoshita N, Ota M, Moriyama Y, Ide S, Nakamura K, Nakamoto T, Nomoto H, Akiyama Y, Miyazato Y, Suzuki T, Okuhama A, Kanda K, Wakimoto Y, Morioka S, Saito S, Yamamoto K, Ujiie M, Hayakawa K, Kustuna S, Yanagawa Y, Terada J, Takasaki J, Izumi S, Hojo M, Hinoshita F, Sugiyama M, Noiri E, Mizokami M, Ohmagari N, Sugiyama H.
    Evaluation of Coronavirus Disease 2019 Severity Using Urine Biomarkers.
    Crit Care Explor. 2020 Jul 31;2(8):e0170. doi: 10.1097/CCE.0000000000000170. eCollection 2020 Aug.
  14. Ishida Y, Hayashida T, Sugiyama M, Uemura H, Tsuchiya K, Kikuchi Y, Mizokami M, Oka S, Gatanaga H.
    Full-genome analysis of hepatitis C virus in HIV-coinfected hemophiliac Japanese patients.
    Hepatol Res . 2020 Jun;50(6):763-769. doi: 10.1111/hepr.13498. Epub 2020 Mar 31.
  15. Akagi K, Yamamoto K, Umemura A, Ide S, Hirayama T, Takazono T, Imamura Y, Miyazaki T, Sakamoto N, Shiraishi H, Takahata H, Zaizen Y, Fukuoka J, Morikawa M, Ashizawa K, Teruya K, Izumikawa K, Mukae H.
    Human immunodeficiency virus-associated vacuolar encephalomyelopathy with granulomatous-lymphocytic interstitial lung disease improved after antiretroviral therapy: a case report.
    AIDS Res Ther. 2020 Jul 9;17(1):38. doi: 10.1186/s12981-020-00295-y.
  16. Suzuki J, Kobayashi S, Yoshida N, Azuma Y, Kobayashi-Ogata N, Kartikasari DP, Yanagawa Y, Iwata S.
    Phylogenetic position of Nyctotherus teleacus isolated from a tortoise (Astrochelys radiata) and its electron microscopic features.
    J Vet Med Sci. 2020 Jun 16;82(6):699-703. doi: 10.1292/jvms.20-0004. Epub 2020 Apr 24.
  17. Yasuaki Yanagawa, Naoyoshi Nagata, Kenji Yagita , Kazuhiro Watanabe , Hidetaka Okubo , Yoshimi Kikuchi, Hiroyuki Gatanaga , Shinichi Oka , Koji Watanabe.
    Clinical features and gut microbiome of asymptomatic Entamoeba histolytica infection.
    Clin Infect Dis. 2020 Jun 21;ciaa820. doi: 10.1093/cid/ciaa820. Online ahead of print.
  18. Nakamoto T, Kutsuna S, Yanagawa Y, Kanda K, Okuhama A, Akiyama Y, Miyazato Y, Ide S, Nakamura K, Yamamoto K, Ohmagari N.
    A case of SARS-CoV-2 infection in an untreated HIV patient in Tokyo, Japan.
    Case Reports J Med Virol. 2021 Jan;93(1):40-42. doi: 10.1002/jmv.26102. Epub 2020 Jul 14.
  19. Orkin C, Arasteh K, Górgolas Hernández-Mora M, Pokrovsky V, Overton ET, Girard PM, Oka S, Walmsley S, Bettacchi C, Brinson C, Philibert P, Lombaard J, St Clair M, Crauwels H, Ford SL, Patel P, Chounta V, D'Amico R, Vanveggel S, Dorey D, Cutrell A, Griffith S, Margolis DA, Williams PE, Parys W, Smith KY, Spreen WR.
    Long-Acting Cabotegravir and Rilpivirine after Oral Induction for HIV-1 Infection.
    Clinical Trial N Engl J Med. 2020 Mar 19;382(12):1124-1135. doi: 10.1056/NEJMoa1909512. Epub 2020 Mar 4.
  20. Imai K, Kimura S, Kiryu Y, Watanabe A, Kinai E, Oka S, Kikuchi Y, Kimura S, Ogata M, Takano M, Minamimoto R, Hotta M, Yokoyama K, Noguchi T, Komatsu K.
    Neurocognitive dysfunction and brain FDG-PET/CT findings in HIV-infected hemophilia patients and HIV-infected non-hemophilia patients.
    PLoS One. 2020 Mar 19;15(3):e0230292. doi: 10.1371/journal.pone.0230292. eCollection 2020.
  21. Yamamoto K, Yanagawa Y, Oka S, Watanabe K.
    Two cases of endoscopically diagnosed amebic colitis treated with paromomycin monotherapy.
    PLoS Negl Trop Dis. 2020 Mar 19;14(3):e0008013. doi: 10.1371/journal.pntd.0008013. eCollection 2020 Mar.
  22. Murakami H, Suzuki T, Tsuchiya K, Gatanaga H, Taura M, Kudo E, Okada S, Takei M, Kuroda K, Yamamoto T, Hagiwara K, Dohmae N, Aida Y.
    Protein Arginine N-methyltransferases 5 and 7 Promote HIV-1 Production.
    Viruses. 2020 Mar 23;12(3):355. doi: 10.3390/v12030355.
  23. Suzukawa M, Takeda K, Akashi S, Asari I, Kawashima M, Ohshima N, Inoue E, Sato R, Shimada M, Suzuki J, Yamane A, Tamura A, Ohta K, Tohma S, Teruya K, Nagai H.
    Evaluation of cytokine levels using QuantiFERON-TB Gold Plus in patients with active tuberculosis.
    J Infect. 2020 May;80(5):547-553. doi: 10.1016/j.jinf.2020.02.007. Epub 2020 Feb 22.
  24. Nishijima T, Inaba Y, Kawasaki Y, Tsukada K, Teruya K, Kikuchi Y, Gatanaga H, Oka S.
    Mortality and causes of death in people living with HIV in the era of combination antiretroviral therapy compared with the general population in Japan.
    AIDS. 2020 May 1;34(6):913-921. doi: 10.1097/QAD.0000000000002498.
  25. Mutoh Y, Teruya K, Aoki T, Kikuchi Y, Gatanaga H, Oka S.
    Safety and efficacy of reduced-dose pentamidine as second-line treatment for HIV-related pneumocystis pneumonia.
    J Infect Chemother. 2020 Nov;26(11):1192-1197. doi: 10.1016/j.jiac.2020.06.015. Epub 2020 Jul 18.
  26. Toyoda M, Kamori D, Tan TS, Goebuchi K, Ohashi J, Carlson J, Kawana-Tachikawa A, Gatanaga H, Oka S, Pizzato M, Ueno T.
    Impaired ability of Nef to counteract SERINC5 is associated with reduced plasma viremia in HIV-infected individuals.
    Sci Rep. 2020 Nov 10;10(1):19416. doi: 10.1038/s41598-020-76375-w.
  27. Nagai R, Yamamoto K, Shiojiri D, Kutsuna S, Kato Y, Koizumi N, Ohmagari N.
    Multiple Pulmonary Nodules in Leptospirosis.
    Intern Med. 2020 Nov 15;59(22):2941-2944. doi: 10.2169/internalmedicine.4305-19. Epub 2020 Jul 21.
  28. Kawano-Sugaya T, Izumiyama S, Yanagawa Y, Saito-Nakano Y, Watanabe K, Kobayashi S, Nakada-Tsukui K, Nozaki T.
    Near-chromosome level genome assembly reveals ploidy diversity and plasticity in the intestinal protozoan parasite Entamoeba histolytica.
    BMC Genomics. 2020 Nov 23;21(1):813. doi: 10.1186/s12864-020-07167-9.
  29. Ando N, Mizushima D, Watanabe K, Takano M, Shiojiri D, Uemura H, Aoki T, Yanagawa Y, Kikuchi Y, Oka S, Gatanaga H.
    Modified self-obtained pooled sampling to screen for Chlamydia trachomatis and Neisseria gonorrhoeae infections in men who have sex with men.
    Sex Transm Infect. 2020 Oct 20;sextrans-2020-054666. doi: 10.1136/sextrans-2020-054666. Online ahead of print.
  30. Yoshikawa S, Yoshio S, Yoshida Y, Tsutsui Y, Kawai H, Yamazoe T, Mori T, Osawa Y, Sugiyama M, Iwamoto M, Watashi K, Kawaguchi T, Akita T, Tanaka J, Kikuchi Y, Mizokami M, Oka S, Kanto T, Gatanaga H.
    Impact of Immune Reconstitution-induced Hepatic Flare on HBsAg Loss in HBV/HIV-1-Coinfected Patients.
    J Infect Dis. 2021 Jun 15;223(12):2080-2089. doi: 10.1093/infdis/jiaa662.
  31. Yanagawa Y, Shimogawara R, Endo T, Fukushima R, Gatanaga H, Hayasaka K, Kikuchi Y, Kobayashi T, Koga M, Koibuchi T, Miyagawa T, Nagata A, Nakata H, Oka S, Otsuka R, Sakai K, Shibuya M, Shingyochi H, Tsuchihashi E, Watanabe K, Yagita K.
    Utility of the Rapid Antigen Detection Test E. histolytica Quik Chek for the Diagnosis of Entamoeba histolytica Infection in Nonendemic Situations.
    J Clin Microbiol. 2020 Oct 21;58(11):e01991-20. doi: 10.1128/JCM.01991-20. Print 2020 Oct 21.
  32. Gilmour S, Peng L, Li J, Oka S, Tanuma J.
    New strategies for prevention of HIV among Japanese men who have sex with men: a mathematical model.
    Sci Rep. 2020 Oct 23;10(1):18187. doi: 10.1038/s41598-020-75182-7.
  33. Chan PC, Uemura H, Kwan TH, Wong NS, Oka S, Chan DPC, Lee SS.
    Review on the molecular epidemiology of sexually acquired hepatitis C virus infection in the Asia-Pacific region.
    J Int AIDS Soc. 2020 Sep;23(9):e25618. doi: 10.1002/jia2.25618.
  34. Hosoya S, Kutsuna S, Shiojiri D, Tamura S, Isaka E, Wakimoto Y, Nomoto H, Ohmagari N.
    Leuconostoc lactis and Staphylococcus nepalensis Bacteremia, Japan.
    Emerg Infect Dis. 2020 Sep;26(9):2283-2285. doi: 10.3201/eid2609.191123.
  35. Zhang Y, Kuse N, Akahoshi T, Chikata T, Gatanaga H, Oka S, Murakoshi H, Takiguchi M.
    Role of Escape Mutant-Specific T Cells in Suppression of HIV-1 Replication and Coevolution with HIV-1.
    J Virol. 2020 Sep 15;94(19):e01151-20. doi: 10.1128/JVI.01151-20. Print 2020 Sep 15.
  36. Daisuke Mizushima,Nguyen Thi Hoai Dung,Nguyen Thi Dung,Shoko Matsumoto,Junko Tanuma,Hiroyuki Gatanaga,Nguyen Vu Trung,Nguyen Van Kinh,Shinichi Oka
    Dyslipidemia and cardiovascular disease in Vietnamese people with HIV on antiretroviral therapy.
    Glob Health Med. 2020 Feb 29;2(1):39-43. doi: 10.35772/ghm.2019.01035.
  37. Koichi Izumikawa,Hiroshi Kakeya,Fumikazu Sakai,Kazutoshi Shibuya,Takashi Sugita,Takahiro Takazono,Tohru Takata,Masato Tashiro,Katsuji Teruya,Shigeki Nakamura,Hiromitsu Noguchi,Masataro Hiruma,Koichi Makimura,Taiga Miyazaki,Yoshitsugu Miyazaki,Yuka Yamagishi,Koichiro Yoshida,Akira Watanabe 
    Executive Summary of JSMM Clinical Practice Guidelines for Diagnosis and Treatment of Cryptococcosis 2019.
    Med Mycol J. 2020;61(4):61-89. doi: 10.3314/mmj.20.001.
  38. Laura Farr,Koji Watanabe,Shannon Moonah.
    Purification of Antibodies Against Entamoeba histolytica MIF and Their Use in Analyzing Human and Mouse Samples.
    Methods Mol Biol. 2020;2080:237-247. doi: 10.1007/978-1-4939-9936-1_21.
  39. Laura Farr,Swagata Ghosh,Nona Jiang,Koji Watanabe,Mahmut Parlak,Richard Bucala,Shannon Moonah.
    CD74 Signaling Links Inflammation to Intestinal Epithelial Cell Regeneration and Promotes Mucosal Healing.
    Cell Mol Gastroenterol Hepatol. 2020;10(1):101-112. doi: 10.1016/j.jcmgh.2020.01.009. Epub 2020 Jan 28.
  40. D Rupasinghe,S Kiertiburanakul,A Kamarulzaman,F Zhang,N Kumarasamy,R Chaiwarith,T P Merati,C D Do,S Khusuwan,A Avihingsanon,M P Lee11,P S Ly,E Yunihastuti,K V Nguyen,R Ditangco,Y J Chan,S Pujari,O T Ng,J Y Choi,Blh Sim,J Tanuma,S Sangle,J Ross,M Law
    Early mortality after late initiation of antiretroviral therapy in the TREAT Asia HIV Observational Database (TAHOD) of the International Epidemiologic Databases to Evaluate AIDS (IeDEA) Asia-Pacific.
    HIV Med. 2020 Jul;21(6):397-402. doi: 10.1111/hiv.12836. Epub 2019 Dec 18.
  41. Brazier E, Tymejczyk O, Zaniewski E, Egger M, Wools-Kaloustian K, Yiannoutsos CT, Jaquet A, Althoff KN, Lee JS, Caro-Vega Y, Luz PM, Tanuma J, Niyongabo T, Nash D.
    Effects of national adoption of Treat-All guidelines on pre-ART CD4 testing and viral load monitoring after ART initiation: A regression discontinuity analysis.
    Clin Infect Dis. 2021 Mar 9;ciab222. doi: 10.1093/cid/ciab222. Online ahead of print.
  42. Ide S, Hayakawa K, Yamamoto K, Tsuzuki S, Tanuma J, Ohara K, Yamada G, Okuhama A, Kanda K, Suzuki T, Akiyama Y, Miyazato Y, Nakamura K, Nomoto H, Nakamoto T, Ujiie M, Saito S, Morioka S, Ishikane M, Kinoshita N, Kutsuna S, Tanaka K, Ohmagari N.
    Positive ratio of polymerase chain reaction (PCR) and validity of pre-screening criteria at an outpatient screening center during the early phase of the COVID-19 epidemic in Japan.
    Jpn J Infect Dis. 2021 Feb 26. doi: 10.7883/yoken.JJID.2020.813. Online ahead of print.
  43. Jiamsakul A, Azwa I, Zhang F, Yunihastuti E, Ditangco R, Kumarasamy N, Ng OT, Chan YJ, Ly PS, Choi JY, Lee MP, Pujari S, Kiertiburanakul S, Chaiwarith R, Merati TP, Sangle S, Khusuwan S, Sim BL, Avihingsanon A, Duy C, Tanuma J, Ross J, Law M, Asia-Pacific TAHODOI.
    Treatment modification after second-line failure among people living with HIV in the Asia-Pacific.
    Antivir Ther. 2020;25(7):377-387. doi: 10.3851/IMP3388.
  44. Matsumoto S, Yamaoka K, Nguyen HDT, Nguyen DT, Nagai M, Tanuma J, Mizushima D, Nguyen KV, Pham TN, Oka S.
    Validation of the Brief Coping Orientation to Problem Experienced (Brief COPE) inventory in people living with HIV/AIDS in Vietnam.
    Glob Health Med. 2020 Dec 31;2(6):374-383. doi: 10.35772/ghm.2020.01064.
  45. Kenji Maeda, Nobuyo Higashi-Kuwata, Noriko Kinoshita, Satoshi Kutsuna, Kiyoto Tsuchiya, Shin-Ichiro Hattori, Kouki Matsuda, Yuki Takamatsu, Hiroyuki Gatanaga, Shinichi Oka, Haruhito Sugiyama, Norio Ohmagari, Hiroaki Mitsuya.
    Neutralization of SARS-CoV-2 with IgG from COVID-19-convalescent plasma
    Sci Rep. 2021 Mar 10;11(1):5563. doi: 10.1038/s41598-021-84733-5.
  46. Masaya Sugiyama, Noriko Kinoshita, Satoshi Ide, Hidetoshi Nomoto, Takato Nakamoto, Sho Saito, Masahiro Ishikane, Satoshi Kutsuna, Kayoko Hayakawa, Masao Hashimoto, Manabu Suzuki, Shinyu Izumi, Masayuki Hojo, Kiyoto Tsuchiya, Hiroyuki Gatanaga, Jin Takasaki, Masahide Usami, Toshikazu Kano, Hidekatsu Yanai, Nao Nishida, Tatsuya Kanto, Haruhito Sugiyama, Norio Ohmagari, Masashi Mizokami.
    Serum CCL17 level becomes a predictive marker to distinguish between mild/moderate and severe/critical disease in patients with COVID-19.
    Gene. 2021 Jan 15;766:145145. doi: 10.1016/j.gene.2020.145145. Epub 2020 Sep 14.
  47. Kouki Matsuda, Takuya Kobayakawa, Ryusho Kariya, Kiyoto Tsuchiya, Shoraku Ryu, Kohei Tsuji, Takahiro Ishii, Hiroyuki Gatanaga, Kazuhisa Yoshimura, Seiji Okada, Akinobu Hamada, Hiroaki Mitsuya, Hirokazu Tamamura, Kenji Maeda.
    A Therapeutic Strategy to Combat HIV-1 Latently Infected Cells With a Combination of Latency-Reversing Agents Containing DAG-Lactone PKC Activators.
    Front Microbiol. 2021 Mar 17;12:636276. doi: 10.3389/fmicb.2021.636276. eCollection 2021.
  48. Yanagawa Y, Shimogawara R, Endo T, Fukushima R, Gatanaga H, Hayasaka K, Kikuchi Y, Kobayashi T, Koga M, Koibuchi T, Miyagawa T, Nagata A, Nakata H, Oka S, Otsuka R, Sakai K, Shibuya M, Shingyochi H, Tsuchihashi E, Watanabe K, Yagita K.
    Utility of the Rapid Antigen Detection Test E histolytica Quik Chek for the Diagnosis of Entamoeba histolytica Infection in Nonendemic Situations
    J Clin Microbiol. 2020 Oct 21;58(11):e01991-20. doi: 10.1128/JCM.01991-20.
  49. Zhang Y, Murakoshi H, Chikata T, Akahoshi T, Tran GV, Nguyen TV, Gatanaga H, Nguyen KV, Oka S, Kuse N, Takiguchi M.
    Effect of Difference in Consensus Sequence between HIV-1 Subtype A/E and Subtype B Viruses on Elicitation of Gag-Specific CD8+ T Cells and Accumulation of HLA-Associated Escape Mutations.
    J Virol. 2021 Feb 24;95(6):e02061-20. doi: 10.1128/JVI.02061-20.
  50. Oka S, Ikeda K, Takano M, Ogane M, Tanuma J, Tsukada K, Gatanaga H.
    Pathogenesis, clinical course, and recent issues in HIV-1-infected Japanese hemophiliacs: a three-decade follow-up.
    Glob Health Med. 2020 Feb 29;2(1):9-17. doi: 10.35772/ghm.2019.01030.
  51. Nishijima T, Inaba Y, Kawasaki Y, Tsukada K, Teruya K, Kikuchi Y, Gatanaga H, Oka S.
    Mortality and causes of death in people living with HIV in the era of combination antiretroviral therapy compared with the general population in Japan.
    AIDS. 2020 May 1;34(6):913-921. doi: 10.1097/QAD.0000000000002498.

原著論文-和文

  1. 照屋 勝治
    骨折で判明した重篤な骨粗鬆症
    HIV感染症とAIDSの治療(2185-1689)11巻1号 Page39-42(2020.11)
  2. 塚田 訓久
    治療ガイドラインの変遷と現状
    日本エイズ学会誌. 22(13):13-18, 2020.
  3. 水島 大輔
    ベトナム人HIV感染者における抗ウイルス薬テノホビルフマル酸による腎機能障害に関する研究
    日本エイズ学会誌. 22(2):77-86, 2020.
  4. 池田 和子
    【現在と将来の治療】治療困難症例への支援(解説/特集)
    日本エイズ学会誌 (1344-9478)22巻1号 Page1-6(2020.02)

口頭・ポスター発表-国際学会・研究会

  1. Junko Tanuma.
    Impacts of the COVID-19 Epidemic on HIV Services in Japan.
    Asia-Pacific AIDS & Co-infections Conference (Virtual),Bangkok,Kingdom of Thailand,Oct.,2020
  2. Naokatsu Ando.
    Modified Self obtained pooled sampling to screen for Chlamydia trachomatis and Neisseria gonorrhoeae infection in Men who have sex with men.
    Asia-Pacific AIDS & Co-infections Conference (Virtual),Bangkok,Kingdom of Thailand,Oct.,2020
  3. Haruko Hoshino.
    Is the city ready for the Olympics? – Language barriers in sexual healthcare services and low awareness of HIV prevention tools in doctors in Tokyo and surrounding prefectures.
    Asia-Pacific AIDS & Co-infections Conference (Virtual),Bangkok,Kingdom of Thailand,Oct.,2020

口頭・ポスター発表-国内学会・研究会

  1. 岡 慎一
    HIV感染症は、COVID-19に影響を与えるか?
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  2. 岡 慎一
    和解がもたらした、日本のHIV医療への恩恵
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  3. 岡 慎一
    30年前と今の薬の使い勝手の違い~医師の立場から~
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  4. 岡 慎一
    日本におけるHIVの歴史
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  5. 岡 慎一
    HIV/AIDS領域におけるジェネリック医薬品の役割~求められる医療費抑制とジェネリック医薬品への期待~
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  6. 潟永 博之
    薬害HIV被害者の医療面の課題
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  7. 潟永 博之
    HIV/AIDS領域における企業の情報提供活動の変遷と今後のあり方を考える
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  8. 潟永 博之
    TAFの臨床的意義~耐性・HBVの観点から~
  9. 照屋 勝治
    2剤治療(DTG/3TC)のHIV治療 における位置づけを考える ~GEMINI studyとTANGO studyの結果を踏まえて~
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  10. 照屋 勝治
    新規抗HIV薬 ピフェルトロ®の抗HIV治療における位置づけを考える ~薬剤師・医師のそれぞれの視点から~
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  11. 照屋 勝治
    HIV患者におけるCOVID-19肺炎~胸部CTによるニューモシスチス肺炎との鑑別は容易か~
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  12. 照屋 勝治
    医師は感染リスク「ゼロ」というべきか
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  13. 照屋 勝治
    3剤併用療法におけるインテグラーゼ阻害薬の使い分け
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  14. 田沼 順子
    患者さんを含めたチーム医療のあり方
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  15. 塚田 訓久
    HIV陽性者のヘルスリテラシーと医師
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  16. 塚田 訓久
    症例提示及び症例解説
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  17. 塚田 訓久
    臨床分野におけるエイズ予防指針の課題‐早期治療を阻む要因の検討‐
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  18. 塚田 訓久
    治療失敗時の薬剤変更(薬剤耐性を含めて)
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  19. 水島 大輔
    直腸性感染症の診断と治療
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  20. 水島 大輔
    針刺し事故対応
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  21. 上村 悠
    免疫再構築症候群・結核・HBV/HCV合併
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  22. 上村 悠
    ペイシェント・サミット「HIV陽性者のPatient Journeyにおけるコミュニケーションの課題:恋愛と性生活」
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  23. 塩尻 大輔
    パーソナルヘルスクリニックにおけるPrEPの取り組みと将来的展望
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  24. 大金 美和
    薬害HIV被害者の課題解決のための医療福祉連携(CNの立場から)
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  25. 大金 美和
    HIV感染症患者に対する看護
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  26. 杉野 祐子
    HIVコーディネーターナースの立場から~困難事例への取り組み~
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  27. ソルダノ あかね
    薬害HIV被害者の課題解決のための医療福祉連携(MSWの立場から)
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  28. 小松 賢亮
    医療のなかで心理職・心理カウンセラーを活かすには?
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  29. 渡辺 恒二
    STD
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  30. 青木孝弘、小泉吉輝、塩尻大輔、安藤尚克、上村 悠、柳川泰昭、水島大輔、渡辺恒二、田沼順子、塚田訓久、照屋勝治、潟永博之、菊池 嘉、岡 慎一
    当センターにおけるインテグラーゼ阻害剤(INSTI)耐性症例の検討
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  31. 安藤尚克、水島大輔、渡辺恒二、高野 操、出口佳美、小形幹子、田中和子、小泉吉輝、塩尻大輔、青木孝弘、上村 悠、柳川泰昭、源河いくみ、矢崎博久、田沼順子、塚田訓久、照屋勝治、菊池 嘉、岡 慎一、潟永博之
    同性間性交渉をする男性(MSM)における性感染症スクリーニングでのプール検体の有用性を検討する前向き研究
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  32. 熊木絵美、増田純一、古屋貴人、小林瑞季、霧生彩子、長島浩二、佐藤麻希、田沼順子、照屋勝治、潟永博之、塚田訓久、寺門浩之、菊池 嘉、岡 慎一
    抗HIV療法初回導入患者におけるプロテアーゼ阻害剤服用後の体重変化とインテグラーゼ阻害剤との比較に関する調査
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  33. 古屋貴人、霧生彩子、長島浩二、小林瑞季、熊木絵美、佐藤麻希、増田純一、寺門浩之、土屋亮人、田沼順子、照屋勝治、潟永博之、塚田訓久、菊池 嘉、岡 慎一
    日本人HIV陽性患者におけるDolutegravirの母集団薬物動態解析(続報)
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  34. 高野 操、水島大輔、田中和子、青木孝弘、柳川泰昭、上村 悠、渡辺恒二、菊池 嘉、岡 慎一
    SH外来におけるPrEPユーザーの増加と実施状況
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  35. 佐藤紫乃、岡 慎一、菊池 嘉、田沼順子、照屋勝治、潟永博之、上村 悠、池田和子、大金美和、阿部直美、大杉福子、ソルダノあかね、木村聡太、岩丸陽子、源名保美、石井祥子、大木悦子、石川佑磨、河原崎彩佳、鳴海佑乃
    エイズ治療・研究開発センター(ACC)病棟におけるHIV陽性患者の長期入院目的と退院支援課題の検討
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  36. 三浦清美、大金美和、阿部直美、大杉福子、岩田まゆみ、栗田あさみ、鈴木ひとみ、谷口 紅、杉野祐子、木村聡太、小松賢亮、ソルダノあかね、池田和子、田沼順子、潟永博之、岡 慎一
    薬害HIV感染血友病患者の就労継続に関する実態調査
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  37. 持田俊也、友田吉則、武道涼平、和田達彦、石井大輔、新井万理子、照屋勝治、厚田幸一郎
    ドルテグラビル/リルピビリンにて管理し得たHIV陽性腎移植レシピエントの1例
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  38. 若林チヒロ、池田和子、杉野祐子、谷口 紅、中浜智子、東 政美、生島 嗣
    HIV陽性者の基本的属性―「HIV陽性者の健康と生活に関する全国調査」の結果から(第1報)
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  39. 小松賢亮、木村聡太、霧生瑶子、菊池 嘉、岡 慎一、松島英介、竹内 崇
    日本におけるHIV陽性者の抑うつ症状の有病率と関連要因の検討
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  40. 上村 悠、高野 操、水島大輔、安藤尚克、柳川泰昭、青木孝弘、渡辺恒二、田沼順子、塚田訓久、照屋勝治、潟永博之、菊池 嘉、岡 慎一
    輸入PrEP薬内服者のテノホビル血中濃度の調査
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  41. 水島大輔、高野 操、上村 悠、柳川泰昭、青木孝弘、渡辺恒二、潟永博之、菊池 嘉、岡 慎一
    HIV非感染MSMコホートにおけるPrEP研究に関する中間報告
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  42. 杉野祐子、谷口 紅、池田和子、青木孝弘、田沼順子、中浜智子、東 政美、生島 嗣、若林チヒロ
    HIV陽性者の併存疾患と受診行動―「HIV陽性者の健康と生活に関する全国調査」の結果から(第4報)
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  43. 石井祥子、栗田あさみ、池田和子、大金美和、杉野祐子、谷口 紅、鈴木ひとみ、阿部直美、大杉福子、岩田まゆみ、三浦清美、木村聡太、塚田訓久、菊池 嘉、岡 慎一、西岡みどり
    HIV陽性者の喫煙の現状と禁煙への関心(中間報告)
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  44. 石川佑磨、大木悦子、佐藤紫乃、河原崎彩佳、鳴海佑乃、石井祥子、岩丸陽子、源名保美、大杉福子、阿部直美、大金美和、池田和子、木村聡太、ソルダノあかね、上村 悠、田沼順子、潟永博之、照屋勝治、菊池 嘉、岡 慎一
    エイズ治療・研究開発センター(ACC)病棟における薬害HIV感染被害者の入院目的と看護課題の検討
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  45. 増田純一、関根祐介、國本雄介、矢倉裕輝、平野 淳、日笠真一、築地茉莉子、石原正志、岩崎 藍、押賀充則、又村了輔、櫛田宏幸、福島直子、島袋翔多、沼田理子、川口 崇、山口拓洋、天野景裕、岡 慎一、白阪琢磨、今村淳治
    抗HIV療法における意思決定とアドヒアランスに関する多施設共同研究(DEARS -J study)
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  46. 谷口 紅、杉野祐子、中浜智子、東 政美、池田和子、青木孝弘、田沼順子、生島 嗣、若林チヒロ
    HIV陽性者の病名開示―「HIV陽性者の健康と生活に関する全国調査」の結果から(第5報)
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  47. 池田和子、杉野祐子、谷口 紅、中浜智子、東 政美、青木孝弘、田沼順子、生島 嗣、若林チヒロ
    薬害被害者の精神健康~「HIV陽性者の健康と生活に関する全国調査」の結果から(第6報)~
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  48. 中川裕美子、近藤順子、大多和由美、高木律男、岡 慎一、宇佐美雄司
    歯科衛生士養成課程・臨地臨床実習におけるHIV感染症に関する教育についての研究
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  49. 中浜智子、東 政美、渡邊 大、上平朝子、池田和子、杉野祐子、谷口 紅、生島 嗣、若林チヒロ
    HIV陽性者の情報のUp dateにおける課題~「HIV陽性者の健康と生活に関する全国調査」の結果から(第2報)~
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  50. 定月みゆき、杉野祐子、蓮尾泰之、林 公一、五味淵秀人、中西 豊、中西美紗緒、源名保美、中野真希、山田里佳、吉野直人、杉浦 敦、田中瑞恵、大津 洋、喜多恒和
    HIV感染妊婦への診療体制の現状と経腟分娩導入への課題
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  51. 田沼順子、星野晴子、佐々木亮、Gilmour Stuart、岡 慎一
    東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県の性感染症ケアに関する医療資源調査
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  52. 渡辺恒二、柳川泰昭、小泉吉輝、安藤尚克、塩尻大輔、上村 悠、水島大輔、青木孝弘、田沼順子、塚田訓久、照屋勝治、源河いくみ、矢崎博久、潟永博之、菊池 嘉、岡 慎一
    ELISA法による血清抗赤痢アメーバ抗体検査:間接蛍光抗体法との相関性についての検証
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  53. 入山大希、福島真一、高橋宏瑞、齋田瑞恵、横幕能行、塚田訓久、内藤俊夫
    総合診療医に向けたHIV感染症に関するオンラインレクチャーの効果
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  54. 平山江美、富田 学、杉野祐子、戸蒔祐子、徳山麻里子、荒木広美、池田和子
    首都圏におけるHIV感染症看護師ネットワーク作りの検討~HIV感染症看護師相互交流シンポジウム2019-首都圏編-アンケート調査より~
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  55. 本田なつ絵、井上晋也、忍田栄紀、町田繁樹、塚田訓久、八代成子、春木宏介
    ガンシクロビルとホスカルネットの併用と早期硝子体手術により両眼失明を回避できた進行性網膜外層壊死の1例
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  56. 霧生彩子、古屋貴人、長島浩二、佐藤麻希、増田純一、土屋亮人、塚田訓久、照屋勝治、潟永博之、田沼順子、寺門浩之、菊池 嘉、岡 慎一
    日本人HIV陽性患者におけるRaltegravir 400mg製剤および600mg製剤の母集団薬物動態解析
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  57. 霧生瑶子、小松賢亮、木村聡太、加藤 温、潟永博之、菊池 嘉、岡 慎一
    HIV患者の適応障害の特徴に関する後方視的調査
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  58. 木内 英、Dung Nguyen Thi Hoai、Ha Do Quan、松本祥子、永井萌子、Kinh Nguyen Van、岡 慎一
    妊娠中のテノフォビル投与の母体・出生児への影響に関する観察研究
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  59. 矢永由里子、石田陽子、大盛久史、喜花伸子、木村聡太、小松賢亮、杉本悠貴恵、平塚信子、宮腰辰男、望月真奈美、渡邊愛祈、長谷川直樹
    HIV領域における心理職養成のためのプログラムの検証に関する研究 第二報
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  60. 林田庸総、柏木恵莉、土屋亮人、高野 操、青木孝弘、潟永博之、菊池 嘉、岩橋恒太、金子典代、岡 慎一
    乾燥ろ紙血によるHIV Ag/Ab郵送検査の検査ラボでの結果についての検討
    第34回日本エイズ学会学術集会・総会,千葉,11月,2020年
  61. 田沼 順子
    エイズ流行終結への道筋に COVID-19 流行がもたらした光と影―日本がとるべき対応―
    第33回日本性感染症学会学術大会,東京,12月,2020年
  62. 安藤 尚克
    Mycoplasma genitalium に対する経験的治療としての Sitafloxacin の有効性の検討
    第33回日本性感染症学会学術大会,東京,12月,2020年
  63. 塚田 訓久
    慢性疾患としての HIV 感染症~高齢化とどう向き合うか~ S2―1.高齢化時代における感染症科医の役割
    第69回日本感染症学会東日本地方学術集会,東京,10月,2020年
  64. 塚田 訓久
    HIV 感染症の診断と告知
    第90回日本感染症学会西日本地方会学術集会/第63回日本感染症学会中日本地方学術集会,福岡,11月,2020年
  65. 岡 慎一
    ニューモシスティス肺炎(PCP)の感染病態
    第94回日本感染症学会総会・学術講演会,東京,8月,2020年
  66. 岡 慎一
    長期治療を見据えた HIV 感染症への最新の治療選択 ―新規 NNRTI 製剤ピフェルトロも含めて―
    第94回日本感染症学会総会・学術講演会,東京,8月,2020年
  67. 照屋 勝治
    HIV 患者で見られる日和見疾患の最近の動向
    第94回日本感染症学会総会・学術講演会,東京,8月,2020年
  68. 水島 大輔
    HIV 感染症予防と性感染症予防
    第94回日本感染症学会総会・学術講演会,東京,8月,2020年
  69. 篠原 浩、上原 由紀、照屋 勝治、菊池 嘉、岡 慎一
    当院通院中の HIV 患者における市中 MRSA(USA300)による皮膚軟部組織感染症のアウトブレイク
    第94回日本感染症学会総会・学術講演会,東京,8月,2020年
  70. 田中 健之、大島 一浩、河野 圭、田代 将人、田中 章貴、西條 知見、塚本 美鈴、安岡 彰、照屋 勝治、泉川 公一
    HIV 感染症に伴う日和見合併症と非日和見悪性腫瘍の動向
    第94回日本感染症学会総会・学術講演会,東京,8月,2020年
  71. 細田 満和子、細田 満和子、白井 こころ、田沼 順子、崎坂 香屋子、大川 純代、国枝 美佳、マイケル・ライシュ、横倉 義武、中村 安秀
    国際保健における女性の課題と可能性:いかにして日本で女性がグローバルヘルスのリーダーとなるか 講演テーマ:東京2020とSexual Health Promotion
    グローバルヘルス合同大会2020,大阪,11月,2020年
  72. 池田 和子
    療養者・家族中心の地域包括ケアシステムの構築 2 ~多様な課題をもつ療養者と家族を包摂する地域包括ケアシステムの構築~ 講演テーマ:HIV 陽性者の高齢化を踏まえて地域ケアシステムを考える
    第9回日本公衆衛生看護学会学術集会,東京,1月,2021年
  73. 竹内 佐和子,角谷 由美子,池田 和子
    A 病院のHIV感染者手術時の感染予防対策,スタッフ教育の実践報告
    第34回日本手術看護学会年次集会,石川,11月,2020年

著書・総説

単行本-英文

  1. Koji Watanabe
    AMEBIASIS
    Conn's current therapy.Rick D. Kellerman, MD. David P. Rakel, MD.SEVIER.USA.p.529-531.2020
  2. Koji Watanabe
    Amoebiasis
    BMJ Best Practice.Fiona Fodlee.the bmj.UK.2020.web text.

単行本-和文

  1. 岡 慎一
    STI性感染症 今、そして未来のために
    東京法規出版,東京,2020年
  2. 岡 慎一
    新型コロナウィルス肺炎(COVID-19)基礎知識
    性と健康 Vol.19 No.2(通巻40号),北村 唯一、早川 智、菊池 香、渡曾 睦子、今福 貴子、熊本 美加、福田 和子、高橋 敦子、中野 敏夫、根岸 暁、吉澤 留美,公益財団法人性の健康医学財団,東京,P.4-P.8,2020年
  3. 岡 慎一,岩橋 恒太,高久 陽介,松下 修三
    座談会 COVID-19パンデミックから学ぶHIV診療・治療のあるべき姿
    HIV感染症とAIDSの治療2020vol.11 No.1,「HIV感染症とAIDSの治療」編集委員会,株式会社メディカルレビュー社,東京,P.53-P.63,2020年
  4. 照屋 勝治
    COVID-19肺炎とニューモシスチス肺炎 ~CT所見による鑑別は可能か~
    HIV感染症とAIDSの治療2020vol.11 No.1,「HIV感染症とAIDSの治療」編集委員会,株式会社メディカルレビュー社,東京,P.13-P.16,2020年
  5. 田沼 順子
    HIV
    周産期医学200年vol.50増刊号,責任編集:楠田聡,関沢明彦,高橋尚人,馬場一憲,細野茂春,山下隆博,『周産期医学』編集委員会企画,株式会社東京医学社,東京,P.125-P.128,2020年
  6. 田沼 順子
    TasP・U=U・PrEP -抗レトロウイルス薬を使ったHIV予防-
    「公衆衛生」第84巻(2020年)12号 2030年に向けたHIV/AIDS 対策,医学書院,東京,2020年
  7. 田沼 順子
    東京2020に向けた性感染症・HIV対策
    「公衆衛生」第84巻(2020年)5号 特集企画 徹底解説 東京2020対策,医学書院,東京,2020年
  8. 渡辺 恒二
    赤痢アメーバ症の現状 ~専門家として感染拡大を防ぐには,どうしたら良いか?~
    HIV感染症とAIDSの治療2020vol.11 No.1,「HIV感染症とAIDSの治療」編集委員会,株式会社メディカルレビュー社,東京,P.74-P.77,2020年
  9. 水島 大輔
    PrEPの実際と日本の課題
    HIV感染症とAIDSの治療2020vol.11 No.1,「HIV感染症とAIDSの治療」編集委員会,株式会社メディカルレビュー社,東京,P.86-P.90,2020年
  10. 安藤 尚克
    性を取り巻く国際的話題(第6回)HIV/AIDSと性感染症の現状と対策
    保険の科学,株式会社杏林書院,東京,P.413-417,2020年
  11. 安藤 尚克
    抗HIV治療ガイドライン
    Medicina,医学書院,東京,P.25-27,2020年
  12. 安藤 尚克
    ICU治療指針 III
    救急・集中治療,岡本和文,総合医学社,東京,P.1739-1743,2020年
  13. 小松 賢亮
    精神科医療とのつながりにくさとスティグマ-HIV陽性者のメンタルヘルスの課題
    心と社会,日本精神衛生会,P.998-P.103,2020年

受賞

  1. 潟永 博之
    2020年12月 令和2年度日本エイズ学会学会賞(シミック賞)受賞
  2. 柳川 泰昭
    2021年3月 第9回箱根山奨励賞 受賞
このページのトップへ