トップ > ACC活動報告 > 学会・論文発表(ACC業績集) > 2011年

2011年

更新日:2018年8月13日

原著論文−英文

ACC Publications 2011

※PubMed等(外部サイト)にリンクします

  1. Nakamura H, Teruya K, Takano M, Tsukada K, Tanuma J, Yazaki H, Honda H, Honda M, Gatanaga H, Kikuchi YOka S.
    Clinical symptoms and courses of primary HIV-1 infection in recent years in Japan.
    Intern Med. 50:95-101, 2011.
  2. Honda M, Ishisaka M, Ishizuka N, Kimura S, Oka S, behalf of Japanese Anti-HIV-1 QD Therapy Study Group.
    Open-label randomized multicenter selection study of once daily antiretroviral treatment regimen comparing ritonavir boosted atazanavir to efavirenz with fixed-dose abacavir and lamivudine.
    Intern Med. 50:699-705, 2011.
  3. Watanabe T, Murakoshi H, Gatanaga H, Koyanagi M, Oka S, Takiguchi M.
    Effective recognition of HIV-1-infected cells by HIV-1 integrase-specific HLA-B*4002-restricted T cells.
    Microb Infect. 13:160-166, 2011.
  4. Goto H, Hagiwara S, Hirai R, Miyama T, Honda H, Tagashira A, Iizuka T, Mochizuki M, Teruya K, Kikuchi Y, Oka S, Miwa A.
    Case of relapsed AIDS-related plasmablastic lymphoma treated with autologous stem cell transplantation and highly active antiretroviral therapy.
    Rare Tumors. 3:33-35, 2011.
  5. Ishikawa N, Ishigaki K, Ghidinelli MN, Ikeda K, Honda M, Miyamoto H, Kakimoto K, Oka S.
    Paediatric HIV and elimination of mother-to-child transmission of HIV in the ASEAN region: a call to action.
    AIDS Care. 23:413-416, 2011.
  6. Davaalkham J, Unenchimeng P, Baigalmaa C, Erdenetuya G, Nyamkhuu D, Shiino T, Tsuchiya K, Hayashida T, Gatanaga HOka S.
    Identification of a current hot spot of HIV-1 transmission in Mongolia by molecular epidemiological analysis.
    AIDS Res Hum Retrovisus. 27:1073-80, 2011.
  7. Honda K, Zheng N, Murakoshi H, Hashimoto M, Sakai K, Borghan MA, Chikata T, Koyanagi M, Tamura Y, Gatanaga H, Oka S,  Takiguchi M.
    Selection of escape mutant by HLA-C-restricted HIV-1 Pol-specific cytotoxic T lymphocytes carrying strong ability to suppress HIV-1 replication.
    Eur J Immunol. 41:97-106, 2011.
  8. Hachiya A, Kodama EN, Schuckmann MM, Kirby KA, Michailidis E, Sakagami Y, Oka S, Singh K, Sarafianos SG.
    K70Q adds high-level tenofovir resistance to "Q151M complex" HIV reverse transcriptase through the enhanced discrimination mechanism.
    PLOS One. 6, e16242, 2011.
  9. Morooka M, Ito K, Kubota K, Yanagisawa K, Teruya K, Hasuo K, Shida Y, Minamimoto R, Kikuchi Y, Oka S.
    Usefulness of F-18 FDG PET/CT in a case of Kaposi sarcoma with an unexpected bone lesion.
    Clin Nucl Med. 36:231-234, 2011.
  10. Naruto T, Murakoshi H, Chikata T, Koyanagi M, Kawashima Y, Gatanaga H, Oka S, Takiguchi M.
    Selection of HLA-B57-associated Gag A146P mutant by HLA-B*48:01-resticted Gag140-147-specific CTLs in chronically HIV-1-infected Japanese.
    Microb Infect. 13:766-770, 2011.
  11. Nagata N, Kobayashi M, Shimbo T, Hoshimoto K, Yada T, Gotoda T, Akiyama J, Oka S, Uemura N.
    Diagnostic value of antigenemia assay for CMV gastrointestinal disease in immunocompromised patients.
    World J Gastroenterol. 17:1185-1191, 2011.
  12. Tsukada K, Sugawara Y, Kaneko J, Tamura S, Tachikawa N, Morisawa Y, Okugawa S, Kikuchi Y, Oka S, Kimura S, Yatomi Y, Makuuchi M, Kokudo N, Koike K.
    Living Donor Liver Transplantations in HIV- and Hepatitis C Virus- Coinfected Hemophiliacs: Experience in a Single Center.
    Transplantation. 91:1261- 1264, 2011. May 17 [Epub ahead of print]
  13. Nishijima T, Tsukada K, Nataga N, Watanabe K, Teruya K, Gatanaga H, Kikuchi Y, Oka S.
    Antiretoriviral therapy alone resulted in successful resolution of large idiopathic esophageal ulcers in a patient with acute retroviral syndrome.
    AIDS (Correspondence). 25: 1677-1679, 2011.
  14. Nishijima T, Komatsu H, Gatanaga H, Aoki T, Watanabe K, Kinai E, Honda H, Tanuma J, Yazaki H, Tsukada K, Honda M, Teruya K, Kikuchi Y and Oka S.
    Impact of small body weight on Tenofovir-associated renal dysfunction in HIV-infected patients: A retrospective cohort study of Japanese patients.
    PLOS One. 6: e22661, 2011.
  15. Nagata N, Honda M, Kobayakawa M, Maeda S, Sakurai T, Akiyama J, Gotoda T, Oka S, Uemura N.
    Mycobacterium lentiflavum ileitis using aspirated intestinal fluid during endoscopy in HIV-infected patient.
    Dig Endosc. 23: 271-272, 2011.
  16. Han SH, Zhou J, Saghayam S, Vanar S, Phanuphak N, Chen YM, Sirisanthana T, Sungkanuparph S, Lee CK, Pujari S, Li PC, Oka S, Saphonn V, Zhang F, Merati TP, Law MG, Choi JY.
    Prevalence of and risk factors for lipodystrophy among HIV-infected patients receiving combined antiretroviral treatment in the Asia-Pacific region: results from the TREAT Asia HIV Observational Database (TAHOD).
    Endocr J. 58: 475-484, 2011.
  17. Watanabe K, Gatanaga H, Cadiz A, Tanuma J, Nozaki T, Oka S.
    Amebiasis in HIV-infected Japanese men: Clinical features and response to therapy.
    PLOS Niglect Trop Dis. 5: e1318, 2011.
  18. Hamada Y, Watanabe K, Aoki T, Arai N, Honda M, Kikuchi Y, Oka S.
    Primary HIV Infection with Acute Transverse Myelitis.
    Intern Med (case report). 50(15):1615-7, 2011.
  19. Nishijima T, Tsukada K, Takeuchi S, Chiba A, Honda M, Teruya K, Gatanaga H, Kikuchi Y, Oka S.
    Antiretroviral therapy for treatment-naive chronic HIV-1infection with an axonal variant of Guillain-Barre syndrome positive for anti-ganglioside antibody: A case report.
    Intern Med. 50: 2427-2429, 2011.
  20. Goto N, Oka S.
    Pneumocystis jirovecii pneumonia in kidney transplantation.
    Transplant Infect Dis (review). 13: 551-558, 2011.
  21. Nagata N, Iizuka T, Oka S.
    Gastrointestinal Kaposi's sarcoma coexistent with cytomegalovirus (CMV) infection.
    J Gastroenterol Hepatol. 26:1340, 2011.
  22. Nagasaka S, Yazaki H, Ito H, Oka S, Kuwata H, Seike A, Kitazawa S, Fukuda S, Hosaka S.
    Effect of CD4+ T-lymphocyte count on hospital outcome of elective general thoracic surgery patients with human immunodeficiency virus.
    Gen Thorac Cardiovasc Surg. 59: 743-747, 2011.
  23. Hayashida T, Gatanaga H, Takahashi Y, Negishi F, Kikuchi Y, Oka S.
    Trends in early identification of HIV-1 infection in Tokyo from 2002 to 2009 analyzed with BED assay.
    Int J Infect Dis. 16:e172-e177, 2012.
  24. Akahoshi T, Chikata T, Tamura Y, Gatanaga H, Oka S, Takiguchi M.
    Selection and accumulation of an HIV-1 escape mutant by three types of HIV-1-specific CTLs recognizing wild-type and/or escape mutant epitopes.
    J Virol. 86:1971-1981, 2012.
  25. Nishijima T, Gatanaga H, Komatsu H, Tsukada K, Shimbo T, Aoki T, Watanabe K, Kinai E, Honda H, Tanuma J, Yazaki H, Honda M, Teruya K, Kikuchi Y, Oka S.
    Renal function declines more in tenofovir- than abacavir-based antiretroviral therapy in low-body weight treatment-naïve patients with HIV infection.
    PLoS One. 7:e29977, 2012.
  26. Takano M, Okada M, Oka S, Wagatsuma Y.
    The relationship between HIV testing and CD4 counts at HIV diagnosis among newly diagnosed HIV-1 patients in Japan.
    Int J STD AIDS. 23:262-266, 2012.
  27. Imamura J, Suzuki Y, Gonda K, Roy CN, Gatanaga H, Ohuchi N, Higuchi H.
    Single-particle tracking confirms that multivalent Tat-protein transduction domain induced heparan-sulfate proteoglycan
    cross-linkage activates Rac1 for internalization.
    J Biol Chem. 286:10581-10592, 2011.
  28. Choi JY, Zhou J, Giles M, Broom J, Templeton DJ, Law MG, Chaiwarith R, Tanuma J.
    Asia-Pacific HIV Observational Database. Predictors and outcomes of HIV-infected antiretroviral-naive patients with discordant responses to combination antiretroviral treatment in Asian and Australian populations: results from APHOD.
    J Acquir Immune Defic Syndr. 57(1):e13-15, 2011.
  29. Fujoka K, Hanada S, Kanaya F, Hoshino A, Sato K, Yokosuka S, Takigami Y, Hirakuri K, Shiohara A, Tilley R D, Manabe N, Yamamoto K, Manome Y. Toxicity test: Fluorescent silicon nanoparticles.
    J Phys: Conf Ser. 304:012042, 2011.
  30. Zhou J, Tanuma J, Chaiwarith R, Lee CK, Law MG, Kumarasamy N, Phanuphak P, Chen YM, Kiertiburanakul S, Zhang F, Vonthanak S, Ditangco R, Pujari S, Choi JY, Parwati Merati T, Yunihastuti E, Li PC, Kamarulzaman A, Nguyen VK, Thuy Pham TT, Lim PL.
    Loss to Follow up in HIV-Infected Patients from Asia-Pacific Region: Results from TAHOD.
    AIDS Res Treat. 1-10, 2012.
  31. Ndongwe T, Adedeji A, Michailidis E, Ong YT, Hachiya A, Ryan E, Rai D, Marchand B, Kirby KA, Whatley A, Burke D, Johnson M, Ding S, Zheng YM, Liu SL, Kodama E, Delviks-Frankenberry K, Pathak V, Mitsuya H, Parniak M, Singh K, Sarafianos SG.
    Biochemical, inhibition, and inhibitor resistance studies of xenotropic murine leukemia virus-related virus reverse transcriptase. Nucleic Acids Res. 40(1):345-359, 2012.
  32. Michailidis E, Singh K, Kirby K, Hachiya A, Yoo W, Pyo Hong S, Kim SO, Folk WR, Sarafianos SG.
    Hepatitis B virus genotypic differences map structurally close to NRTI resistance hot spots.
    Int J Curr Chem. 2(4):253-260, 2012.

原著論文−和文

  1. 塚原優己, 阿部真理子, 喜多恒和, 高田知恵子, 作久本薫, 大金 美和, 外川正生, 吉野直人, 稲葉憲之,和田 裕一.
    第24回日本エイズ学会シンポジウム記録 女性のセクシャルヘルスとHIV感染「成人女性HIV陽性者のセクシャルヘルスと妊娠・出産」.
    日本エイズ学会誌. 13:120-124, 2011.
  2. 塚原優己, 大金 美和, 谷口晴紀, 井上孝実, 源河いくみ, 服部里佳, 渡邉英恵, 辻麻里子, 佐野貴子, 高田知恵子, 名取道也, 今井光信, 松岡恵, 内山正子, 沼直美, 矢永由里, 小林裕幸.
    女性のためのQ&A第3版(患者向け)~あなたらしく明日を生きるために~ . 平成23年度厚生労働科学研究費補助金(エイズ対策研究事業)周産期・小児・生殖医療におけるHIV感染対策に関する修学的研究(分担研究)わが国独自のHIV母子感染予防対策マニュアルの作成・改訂に関わる検討.
  3. 塚原優己, 大金 美和, 谷口晴紀, 井上孝実, 源河いくみ, 服部里佳, 渡邉英恵, 辻麻里子, 佐野貴子, 高田知恵子, 名取道也, 今井光信, 松岡恵, 内山正子, 沼直美, 矢永由里, 小林裕幸, 他.
    女性のためのQ&A(医療者向け)~診療・ケアのための基礎知識~ . 平成23年度厚生労働科学研究費補助金(エイズ対策研究事業)周産期・小児・生殖医療におけるHIV感染対策に関する修学的研究(分担研究)わが国独自のHIV母子感染予防対策マニュアルの作成・改訂に関わる検討.

口頭・ポスター発表 国際学会・研究会

  1. Hachiya A, Griffin D, Kirby KA, Michailidis E, Ong YT, Schuckmann MM, Tanuma J, Oka S, Singh K, Kodama EN, Sarafianos SG. HIV-1 Reverse Transcriptase Polymorphism 172K Suppresses the Effect of Clinical Resistance Mutations to Both Nucleoside and Nonnucleoside Reverse Transcriptase Inhibitors. Cold Spring Harbor Laboratory Conference, Retrovireses. Cold Spring Harbor, USA, May, 2011.
  2. Kanaya F, Hoshino A, Oka S, Yamamoto K. CCR5 Inhibition for HIV Treatment and Associated Effect to Bone Metabolism. Gordon Research Conference, Bone & Teeth. Les Diablerets, Switzerland, Jun, 2011.
  3. Tsukada K, Nishijima T, Gatanaga H, Kanaya F, Kikuchi Y, Oka S. Efficacy of NRTI-sparing regimen of raltegravir plus boosted darunavir in NRTI intolerant patients.
    The 6th International AIDS Society Conference on HIV Pathogenesis, Treatment and Prevention. Rome, Italy, Jul, 2011.
  4. Yazaki H, Nagata N, Kikuchi Y, Uemura N, Oka S.
    The prevalence of Helicobacter pylori infection among Japanese HIV positive patients.
    The 6th International AIDS Society Conference on HIV Pathogenesis, Treatment and Prevention. Rome, Italy, Jul, 2011.
  5. Nishijima T, Komatsu H, Gatanaga H, Tsukada K, Aoki T, Watanabe K, Kinai E, Honda H, Tanuma J, Yazaki H, Honda M, Teruya K, Kikuchi Y, Oka S.
    Impact of tenofovir-associated renal dysfunction among HIV-infected patients with low body-weight -A retrospective cohort study of the Japanese patients-.
    The 6th IAS Conference on HIV Pathogenesis, Treatment and Prevention. Rome, Italy, Jul, 2011.
  6. Nishijima T, Komatsu H, Gatanaga H, Aoki T, Watanabe K, Kinai E, Honda H, Tanuma J, Yazaki H, Tsukada K, Honda M, Teruya K, Kikuchi Y, Oka S.
    Impact of tenofovir-associated renal dysfunction among HIV-infected patients with low body-weight -A retrospective cohort study of the Japanese patients-.
    The 13th International Workshop on Adverse Drug Reactions and Co-morbidities in HIV. Rome, Italy, Jul, 2011.
  7. Nguyen Thi BH, Tanuma J, Kanaya F, Oka S, Nguyen Van K.
    Monitoring of ART Related Adverse Events in Hanoi, Vietnam. The establishment of a hospital-based cohort of HIV-infected individuals in Vietnam: The NHTD-ACC Collaborative HIV Cohort Study (NACH cohort).
    The 10th International congress on AIDS in Asia and the Pacific. Busan, Republic of Korea, Aug, 2011.
  8. Aoki T, Teruya K, Tsukada K, Honda M, Gatanaga H, Kikuchi Y, Oka S. Quantitative Detection of Pneumocystis jirovecii DNA from Saliva Samples in HIV-infected Patients by Using Real Time PCR. The 10th International congress on AIDS in Asia and the Pacific. Busan, Republic of Korea, Aug, 2011.
  9. Hayashida T, Gatanaga H, Kikuchi Y, Oka S. Trend of Early Diagnosis of HIV Infection in Tokyo in This Decade. The 10th International congress on AIDS in Asia and the Pacific. Busan, Republic of Korea, Aug, 2011.
  10. Ha NBT, Kanaya F, Tanuma J, Oka S, Kinh NV. Monitoring of ART Related Adverse Events in Hanoi, Viet Nam. The 10th International congress on AIDS in Asia and the Pacific. Busan, Republic of Korea, Aug, 2011.
  11. Koyama M, Kanaya F, Yakuwa R, Sugino Y, Ogane M, Shimada M, Ikeda K, Kikuchi Y, Oka S.
    Long-Term Care and Support for People Living with HIV/AIDS at an Outpatient Setting in Japan.
    The 10th International congress on AIDS in Asia and the Pacific. Busan, Republic of Korea, Aug, 2011.
  12. Watanabe K, Gatanaga H, Cadiz AE, Tanuma J, Nozaki T, Oka S. Clinical and Epidemiological Features of Amebiasis in HIV-infected Japanese Men. 51st Interscience Conference for on Antimicrobial Agents and Chemotherapy. Chicago, USA, September, 2011.
  13. Watanabe K, Gatanaga H, Cadiz AE, Tanuma J, Nozaki T, Oka S. Clinical and Epidemiological Features of Amebiasis in HIV-infected Japanese Men. 12th Kumamoto AIDS Seminar. Kumamoto, Japan, Oct, 2011.
  14. Nishijima T, Gatanaga H, Komatsu H, Shimbo T, Aoki T, Watanabe K, Kinai E, Honda H, Tanuma J, Yazaki H, Tsukada K, Honda M, Teruya K, Kikuchi Y, Oka S. Renal function declines more with tenofovir use than abacavir among low-body weight treatment-naïve patients with HIV infection.
    12th Kumamoto AIDS Seminar. Kumamoto, Japan, Oct, 2011.
  15. Hachiya A, Kirby KA, Marchand B, Michailidis E, Ong YT, Griffin DT, Schuckmann MM, Tanuma J, Oka S, Singh K, Kodama EN, Sarafianos SG.
    HIV-1 Reverse Transcriptase (RT) Polymorphism 172K Suppresses the Effect of Clinically Relevant Drug Resistance Mutations to Both Nucleoside and Nonnucleoside RT Inhibitors.
    12th Kumamoto AIDS Seminar. Kumamoto, Japan, Oct, 2011.
  16. Hayashida T, Gatanaga H, Kikuchi Y, Oka S.
    Trends in early and late diagnosis of HIV infection analyzed by BED assay.
    12th Kumamoto AIDS Seminar. Kumamoto, Japan, Oct, 2011.
  17. Hachiya A, Griffin D, Kirby KA, Michailidis E, Ong YT, Schuckmann MM, Tanuma J, Oka S, Singh K, Kodama EN, Sarafianos SG.
    HIV-1 Reverse Transcriptase Polymorphism 172K Suppresses the Effect of Clinical Resistance Mutations to Both Nucleoside and Nonnucleoside Reverse Transcriptase Inhibitors.
    12th Annual symposium on Antiviral Drug Resistance: Targets and Mechanisms. Hersheys , USA, Nov, 2011.
  18. Nakagawa Y, Kanaya F, Tsuno A, Maruoka Y, Kikuchi Y, Oka S.
    Exodontia related complications at a Japanese hospital with a major HIV/AIDS treatment center.
    The 20st International Conference on Oral and Maxillofacial Surgery. Santiago, Chile, Nov, 2011.
  19. Kanaya F, Hoshino A, Iimura T, Imai H, Ohtsuka R, Ueha S, Fujioka K, Katsuragawa Y, Shimbo T, Mimori A, Yamazaki T, Manome Y, Moriyama K, Omura K, Matsushima K, Yamamoto K, Maruoka Y.
    Relations between Progressive / Idiopathic Condylar Resorption and Impaired Bone / Cartilage Metabolism Associated with Chemokine Receptor Disorder.
    The 20st International Conference on Oral and Maxillofacial Surgery. Santiago, Chile, Nov, 2011.
  20. Yazaki H, Kikuchi Y, Oka S.
    The prevalence of Helicobacter pylori infection among Japanese HIV positive patients.
    3rd KOREA-JAPAN Joint Symposium on HIV/AIDS. Seoul, Republic of Korea, Dec, 2011.
  21. Tsuchiya K, Gatanaga H, Oka S.
    The measurement of plasma HIV-1 RNA using renewed Roche Cobas TaqMan HIV-1 assay.
    3rd Korea-Japan Joint Symposium on HIV/AIDS. Seoul, Republic of Korea, Dec, 2011.
  22. Hayashida T.
    Has early diagnosis of HIV infection been accelerated in Tokyo?.
    3rd Korea-Japan Joint Symposium on HIV/AIDS. Seoul, Republic of Korea, Dec, 2011.
  23. Tanuma J, Kanaya F, Nguyen Thi BH, Cao Thi TT, Mizushima D, Watanabe K, Gatanaga H, Nguyen Van K, Oka S.
    Monitoring of ART Related Adverse Events in Hanoi, Viet Nam.
    The Asian-African Research Forum on Emerging and Reemerging Infections. Kobe, Japan, Jan, 2012.
  24. Nishijima T, Gatanaga H, Komatsu H, Shimbo T, Tsukada K, Teruya K, Kikuchi Y, Oka S.
    Renal function declines more with tenofovir use than abacavir among low-body weight treatment-naïve patients with HIV infection. 19th Conference on Retroviruses and Opportunistic Infections. Seattle, USA, Mar, 2012.

口頭・ポスター発表 国内学会・研究会

  1. 塚田 訓久.
    ガイドラインに反映されるHIV治療の進歩と変遷.
    第85回日本感染症学会総会・学術講演会, 東京, 4月, 2011.
  2. 青木 孝弘, 橋本 亜希, 濱田 洋平, 千葉 明生, 水島 大輔, 西島 健, 木内 英, 渡辺 恒二, 本田 元人, 矢崎 博久, 田沼 順子, 塚田 訓久, 本田 美和子, 照屋 勝治, 潟永 博之, 菊池 嘉, 岡 慎一.
    HIV陽性患者における神経梅毒の臨床的検討.
    第85回日本感染症学会総会・学術講演会, 東京, 4月, 2011.
  3. 西島 健, 濱田 洋平, 橋本 亜希, 千葉 明生, 水島 大輔, 青木 孝弘, 渡辺 恒二, 木内 英, 本田 元人, 塚田 訓久, 田沼 順子, 矢崎 博久, 本田 美和子, 潟永 博之, 照屋 勝治, 菊池 嘉, 岡 慎一.
    日本人初回治療HIV感染者におけるTenofovir disoproxil fumarateによる腎機能障害の検討.
    第85回日本感染症学会総会・学術講演会, 東京, 4月, 2011.
  4. 濱田 洋平, 橋本 亜希, 千葉 明生, 水島 大輔, 青木 孝弘, 西島 健、渡辺 恒二, 本田 元人, 木内 英, 田沼 順子, 矢崎 博久, 塚田 訓久, 本田 美和子, 照屋 勝治, 潟永 博之, 菊池 嘉, 岡 慎一.
    梨状筋膿瘍の一例.
    第85回日本感染症学会総会・学術講演会, 東京, 4月, 2011.
  5. 加藤 麻美, 田沼 順子, 千葉 明生, 濱田 洋平, 橋本 亜希, 水島 大輔, 西島 健, 青木 孝弘, 渡辺 恒二, 木内 英, 本田 元人, 矢崎 博久, 塚田 訓久, 本田 美和子, 潟永 博之, 照屋 勝治, 菊池 嘉, 岡 慎一.
    HAART時代のHIV陽性非結核性抗酸菌症例の検討.
    第85回日本感染症学会総会・学術講演会, 東京, 4月, 2011.
  6. 青木 孝弘, 照屋 勝治, 橋本 亜希, 濱田 洋平, 千葉 明生, 水島 大輔, 西島 健, 渡辺 恒二, 本田 元人, 矢崎 博久, 田沼 順子, 塚田 訓久, 本田 美和子, 潟永 博之, 菊池 嘉, 岡 慎一.
    HIV陽性患者における肺クリプトコッカス症の臨床的検討.
    第51回日本呼吸器学会学術講演会, 東京, 4月, 2011.
  7. 青木 孝弘, 橋本 亜希, 濱田 洋平, 千葉 明生, 水島 大輔, 西島 健, 渡辺 恒二, 本田 元人, 塚田 訓久, 矢崎 博久, 田沼 順子, 本田 美和子, 照屋 勝治, 潟永 博之, 菊池 嘉, 岡 慎一.
    HIV陽性患者における薬剤誘発性リンパ球刺激試験(DLST)の有用性の臨床的検討.
    第23回日本アレルギー学会春期臨床大会, 千葉, 5月, 2011.
  8. 塚田 訓久, 渡辺 恒二, 叶谷 文秀, 潟永 博之, 岡 慎一.
    肝硬変を有するHIV感染者に対する自己骨髄細胞投与量法の安全性と有効性に関する研究(第1報).
    第13回白馬シンポジウム, 札幌, 5月, 2011.
  9. 土屋 亮人, 濱田 哲暢, 林田 庸総, 潟永 博之, 本田 美和子, 照屋 勝治, 菊池 嘉, 岡 慎一.
    日本人HIV患者におけるラルテグラビル血中濃度の検討.
    第13回白馬シンポジウム, 札幌, 5月, 2011.
  10. 林田 庸総.
    東京におけるHIV感染症の早期診断の動向.
    第13回白馬シンポジウム, 札幌, 5月, 2011.
  11. 塚田 訓久, 西島 健, 叶谷 文秀, 潟永 博之, 岡 慎一.
    成人HIV感染者に対するRaltegravirとboosted Darunavirの併用によるNRTI sparing regimenの臨床効果.
    第21回抗ウイルス療法研究会学術集会, 金沢, 5月, 2011.
  12. 土屋 亮人, 濱田 哲暢, 林田 庸総, 潟永 博之, 本田 美和子, 照屋 勝治, 菊池 嘉, 岡 慎一.
    日本人HIV患者におけるラルテグラビル血中濃度の検討.
    第21回抗ウイルス療法研究会, 金沢, 5月, 2011.
  13. 照屋 勝治.
    最新のHIV感染症の治療と職業暴露後の対応.
    第1回みんなで学ぼう! HIV感染症, 東京, 6月, 2011.
  14. 照屋 勝治.
    抗HIV治療の最近の考え方.
    東北ブロック・エイズ拠点病院等連絡会議, 岩手, 7月, 2011.
  15. 照屋 勝治.
    HIV医療の基礎.
    平成23年度検査相談研修, 東京, 9月, 2011.
  16. 照屋 勝治.
    ウイルス感染症の話題 –HIV. インフルエンザ. SARSなど-.
    第5回感染症Case Conference, 三重, 9月, 2011.
  17. 三村 文子, 溝部 潤子, 能島 初美, 中川 裕美子, 藤本 千夏, 趙 春麗, 浅井 絵美.
    歯科衛生士養成課程でのスタンダードプレコーションにおけるバリアテクニックの実態調査.
    第5回日本歯科衛生学会学術大会, 新潟, 9月, 2011.
  18. 濱田 洋平, 塚田 訓久, 菊池 嘉, 岡 慎一.
    CTガイド下穿刺で診断し外来治療を行ったMSSAによる後腹膜膿瘍の一例.
    第580回日本内科学会関東地方会, 東京, 10月, 2011.
  19. 照屋 勝治.
    重症・難治性感染症の治療 -院内感染症コンサルテーションの経験から- .
    第11回帝京大学感染症セミナー, 東京, 11月, 2011.
  20. 照屋 勝治.
    ランチョンセミナー3 HIV領域で問題になる真菌感染症.
    第25回日本エイズ学会学術集会・総会, 東京, 11月, 2011.
  21. 照屋 勝治.
    ランチョンセミナー8 HIV患者における呼吸器感染症マネジメント.
    第25回日本エイズ学会学術集会・総会, 東京, 11月, 2011.
  22. 照屋 勝治.
    キードラッグの選択をどのようにすべきか. DRVの場合.
    第25回日本エイズ学会学術集会・総会, 東京, 11月, 2011.
  23. 潟永 博之.
    次世代新薬の最新情報−非核酸系逆転写酵素阻害薬:NNRTI.
    第25回日本エイズ学会学術集会・総会, 東京, 11月, 2011.
  24. 潟永 博之.
    最新の情報を明日の臨床に活かす –Year in Review 2011-:難治性合併B型肝炎の治療.
    第25回日本エイズ学会学術集会・総会, 東京, 11月, 2011.
  25. 潟永 博之.
    HIV診療とウイルス検査の重要性:診断のタイミングとHIV診療.
    第25回日本エイズ学会学術集会・総会, 東京, 11月, 2011.
  26. 潟永 博之.
    抗HIV療法のガイドラインを斬(backbone編).
    第25回日本エイズ学会学術集会・総会, 東京, 11月, 2011.
  27. 本田 美和子, 田村 久美, 橋本 亜希, 濱田 洋平, 水島 大輔, 山内 悠子, 小林 泰一郎, 西島 健, 木内 英, 青木 孝弘, 渡辺 恒二, 本田 元人, 矢崎 博久, 田沼 順子, 塚田 訓久, 潟永 博之, 照屋 勝治, 菊池 嘉, 岡 慎一.
    プライマリケアの現場で発見されるHIV感染症の現状.
    第25回日本エイズ学会学術集会・総会, 東京, 11月, 2011.
  28. 田沼 順子, 濱田 洋平, 橋本 亜希, 水島 大輔, 青木 孝弘, 西島 健, 渡辺 恒二, 本田 元人, 矢崎 博久, 塚田 訓久, 本田 美和子, 潟永 博之, 照屋 勝治, 菊池 嘉, 萩原 将太郎, 岡 慎一.
    当院におけるエイズ関連非ホジキンリンパ腫の治療状況.
    第25回日本エイズ学会学術集会・総会, 東京, 11月, 2011.
  29. 塚田 訓久, 西島 健, 叶谷 文秀, 林田 庸総, 土屋 亮人, 潟永 博之, 菊池 嘉, 岡 慎一.
    Raltegravir/boosted Darunavir 併用によるNRTI sparing regimenの臨床成績(第2報).
    第25回日本エイズ学会学術集会・総会, 東京, 11月, 2011.
  30. 矢崎 博久, 濱田 洋平, 橋本 亜希, 田村 久美, 小林 泰一郎, 山内 悠子, 水島 大輔, 西島 健, 木内 英, 青木 孝弘, 渡辺 恒二, 本田 元人, 田沼 順子, 塚田 訓久, 本田 美和子, 潟永 博之, 照屋 勝治, 菊池 嘉, 岡 慎一.
    HIV感染者のHelicobacter pylori新規感染について.
    第25回日本エイズ学会学術集会・総会, 東京, 11月, 2011.
  31. 本田 元人.
    最新の情報を明日の臨床に生かす –Year inReview 2011-.
    第25回日本エイズ学会学術集会・総会, 東京, 11月, 2011.
  32. 青木 孝弘, 橋本 亜希, 濱田 洋平, 田村 久美, 水島 大輔, 小林 泰一郎, 西島 健, 山内 悠子, 木内 英, 渡辺 恒二, 本田 元人, 矢崎 博久, 田沼 順子, 塚田 訓久, 本田 美和子, 照屋 勝治, 潟永 博之, 菊池 嘉, 岡 慎一.
    当センターにおけるHIV合併梅毒患者の検討.
    第25回日本エイズ学会学術集会・総会, 東京, 11月, 2011.
  33. 渡辺 恒二, 山内 悠子, 小林 泰一郎, 田村 久美, 濱田 洋平, 橋本 亜希, 水島 大輔, 西島 健, 青木 孝弘, 本田 元人, 木内 英, 田沼 順子, 矢崎 博久, 塚田 訓久, 本田 美和子, 潟永 博之, 照屋 勝治, 菊池 嘉, 岡 慎一.
    HIV感染合併赤痢アメーバ症の病態とシスト駆除有用性の検討.
    第25回日本エイズ学会学術集会・総会, 東京, 11月, 2011.
  34. 木内 英, 細川真一, 五味淵秀人, 田村 久美, 濱田 洋平, 橋本 亜希, 水島 大輔, 西島 健, 青木 孝弘, 渡辺 恒二, 本田 元人, 田沼 順子, 矢崎 博久, 塚田 訓久, 本田 美和子, 潟永 博之, 照屋 勝治, 菊池 嘉, 岡 慎一, 加藤真吾.
    新生児におけるAZT-TP細胞内濃度.
    第25回日本エイズ学会学術集会・総会, 東京, 11月, 2011.
  35. 水島 大輔, 濱田 洋平, 橋本 亜希, 田村 久美, 山内 悠子, 小林 泰一郎, 西島 健, 青木 孝弘, 渡辺 恒二, 本田 元人, 田沼 順子, 矢崎 博久, 塚田 訓久, 本田 美和子, 潟永 博之, 照屋 勝治, 菊池 嘉, 岡 慎一.
    サイトメガロウイルス網膜炎の臨床的検討.
    第25回日本エイズ学会学術集会・総会, 東京, 11月, 2011.
  36. 西島 健, 高野 操, 石坂 美千代, 潟永 博之, 菊池 嘉, 遠藤 知之, 堀場 昌英, 金田 暁, 藤井 毅, 内藤 俊夫, 吉田 正樹, 立川 夏夫, 横幕 能行, 藤井 輝久, 高田 清式, 山本 政弘, 松下 修三, 健山 正男, 田邊 嘉也, 満屋 裕明, 岡 慎一.
    HIV感染症の初回治療でアタザナビル/リトナビルを固定したエプジコムとツルバダを無作為割付するオープンラベル多施設臨床試験:ET study.
    第25回日本エイズ学会学術集会・総会, 東京, 11月, 2011.
  37. 濱田 洋平, 橋本 亜希, 田村 久美, 小林 泰一郎, 山内 悠子, 水島 大輔, 西島 健, 青木 孝弘, 渡辺 恒二, 木内 英, 本田 元人, 矢崎 博久, 田沼 順子, 塚田 訓久, 本田 美和子, 照屋 勝治, 潟永 博之, 菊池 嘉, 岡 慎一.
    Atazanavirによる尿路結石の検討.
    第25回日本エイズ学会学術集会・総会, 東京, 11月, 2011.
  38. 橋本 亜希, 濱田 洋平, 田村 久美, 小林 泰一郎, 山内 悠子, 水島 大輔, 西島 健, 青木 孝弘, 渡辺 恒二, 本田 元人, 矢崎 博久, 田沼 順子, 塚田 訓久, 本田 美和子, 照屋 勝治, 潟永 博之, 菊池 嘉, 岡 慎一.
    当センターにおける初回療法で選択された抗HIV薬の変遷とRAL選択例の治療成績について.
    第25回日本エイズ学会学術集会・総会, 東京, 11月, 2011.
  39. 小林 泰一郎, 田村 久美, 山内 悠子, 濱田 洋平, 橋本 亜希, 水島 大輔, 西島 健, 木内 英, 青木 孝弘, 渡辺 恒二, 本田 元人, 矢崎 博久, 田沼 順子, 塚田 訓久, 本田 美和子, 照屋 勝治, 潟永 博之, 菊池 嘉, 岡 慎一.
    トキソプラズマ脳炎23例の臨床的検討.
    第25回日本エイズ学会学術集会・総会, 東京, 11月, 2011.
  40. 田村 久美, 青木 孝弘, 濱田 洋平, 橋本 亜希, 水島 大輔, 小林 泰一郎, 山内 悠子, 西島 健, 渡辺 恒二, 木内 英, 本田 元人, 矢崎 博久, 田沼 順子, 本田 美和子, 照屋 勝治, 塚田 訓久, 潟永 博之, 菊池 嘉, 岡 慎一.
    HIV感染者におけるQuantiFERON-TB Gold(QFT-3G)の有用性の検討.
    第25回日本エイズ学会学術集会・総会, 東京, 11月, 2011.
  41. 田村 久美, 渡辺 恒二, 木内 英, 福田 友彦, 折戸 征也, 桝谷 法生, 野村 耕太郎, 細川 真一, 松下 竹次, 植田 知幸, 親泊 あいみ, 加藤 真吾, 潟永 博之, 菊池 嘉, 岡 慎一.
    妊娠35週にHIVスクリーニング陽性が判明したが、血中HIV-RNAが検出されないために、診断と予防内服適応の判断に苦慮した1例.
    第25回日本エイズ学会学術集会・総会, 東京, 11月, 2011.
  42. 土屋 亮人.
    新たなHIV-1 RNA検査キットの基礎的臨床評価.
    第25回日本エイズ学会学術集会・総会, 東京, 11月, 2011.
  43. 服部 純子, 椎野禎一郎, 潟永 博之, 林田 庸総, 吉田 繁, 千葉 仁志, 小池 隆夫, 佐々木 悟, 伊藤 俊広, 内田 和江, 原 孝, 佐藤 武幸, 上田 敦久, 石ヶ坪 良明, 近藤 真規子, 長島 真美, 貞升 健志, 古賀 一郎, 太田 康男, 山元 泰之, 福武 勝幸, 加藤 真吾, 藤井 毅, 岩本 愛吉, 西澤 雅子, 岡 慎一, 伊部 史朗, 横幕 能行, 上田 幹夫, 大家 正義, 田邊 嘉也, 渡辺 香奈子, 渡辺 大, 白阪 琢磨, 小島 洋子, 森 治代, 中桐 逸博, 藤井 輝久, 高田 昇, 木村 昭郎, 南 留美, 山本 政弘, 松下修三, 藤田 次郎, 健山 正男, 杉浦 亙.
    新規HIV/AIDS診断症例における薬剤耐性HIVの動向.
    第25回日本エイズ学会学術集会・総会, 東京, 11月, 2011.
  44. 林田 庸総, 潟永 博之, 菊池 嘉, 岡 慎一.
    東京におけるHIV感染の早期診断についてBEDアッセイを用いた動向解析.
    第25回日本エイズ学会学術集会・総会, 東京, 11月, 2011.
  45. 武田 謙治, 小山 美紀, 山田 三枝子, 高山 次代, 大金 美和, 池田 和子, 島田 恵, 岡 慎一.
    エイズ拠点病院HIV担当看護師に対する支援の検討「HIV/AIDS看護に関する調査」結果から(その2)~自由回答から見た看護上の課題と支援ニーズ~.
    第25回日本エイズ学会学術集会・総会, 東京, 11月, 2011.
  46. 杉野 祐子, 八鍬 類子, 島田 恵, 池田 和子, 西城 淳美, 菊池 嘉, 岡 慎一.
    HIV/AIDS患者の療養に関する基礎知識の保有状況 その1.
    第25回日本エイズ学会学術集会・総会, 東京, 11月, 2011.
  47. 八鍬 類子, 杉野 祐子, 島田 恵, 池田 和子, 西城 淳美, 菊池 嘉, 岡 慎一.
    HIV/AIDS患者の療養に関する基礎知識の保有状況その2.
    第25回日本エイズ学会学術集会・総会, 東京, 11月, 2011.
  48. 高橋 圭子, 池田 和子, 今井 公文, 潟永 博之, 金沢 吉展, 岡 慎一.
    HIV感染症患者における離職意向と身体的・精神的自覚症状の関連に関する研究.
    第25回日本エイズ学会学術集会・総会, 東京, 11月, 2011.
  49. 中村 真衣, 土屋 亮人, 林田 庸総, 増田 純一, 千田 昌之, 潟永 博之, 水野 宏一, 菊池 嘉, 三上 二郎, 岡 慎一.
    日本人HIV感染者におけるダルナビル血中濃度の検討.
    第25回日本エイズ学会学術集会・総会, 東京, 11月, 2011.
  50. 石井祥子, 島田 恵, 池田 和子, 岡 慎一, 西岡 みどり.
    HIV陽性者の喫煙に関する調査(第1報)−喫煙状況と喫煙に関連する因子−.
    第25回日本エイズ学会学術集会・総会, 東京, 11月, 2011.
  51. 石井祥子, 島田 恵, 池田 和子, 岡 慎一, 西岡 みどり.
    HIV陽性者の喫煙に関する調査(第2報)−喫煙状況と喫煙に関連する因子−.
    第25回日本エイズ学会学術集会・総会, 東京, 11月, 2011.
  52. 大出 裕高, 本村 和嗣, 横山 勝, 潟永 博之, 佐藤 裕徳.
    Roche-454 Genome Sequencer FLX TitaniumによるHIV準種解析系の構築.
    第25回日本エイズ学会学術集会・総会, 東京, 11月, 2011.
  53. 赤星 智寛, 近田 貴敬, 田村 美子, 潟永 博之, 岡 慎一, 滝口 雅文.
    HIV-1特異的細胞傷害性T細胞(CTL)による逃避変異の選択と蓄積の機序の解明.
    第25回日本エイズ学会学術集会・総会, 東京, 11月, 2011.
  54. 遠藤 貴子, 八鍬 類子, 池田 和子, 島田 恵, 潟永 博之, 菊池 嘉, 岡 慎一, 西垣 昌和, 数間 恵子.
    日本人男性における抗HIV療法開始前後での血清脂質値の変化.
    第25回日本エイズ学会学術集会・総会, 東京, 11月, 2011.
  55. Roy Chandra Nath, 鈴木 康弘, 今村 淳治, 権田 幸祐, 潟永 博之, 大内 憲明.
    3D and continuous single quantum dot tracking reveals that HIV-1 Tat transduces into the living cells by two distinct active
    transportation systems.
    第25回日本エイズ学会学術集会・総会, 東京, 11月, 2011.
  56. 山田 三枝子, 高山 次代, 武田 謙治, 小山 美紀, 大金 美和, 池田 和子, 島田 恵, 岡 慎一.
    エイズ拠点病院HIV担当看護師に対する支援の検討「HIV/AIDS看護に関する調査」結果から(その1)~診療報酬の算定状況から見た看護ケアの状況と課題.
    第25回日本エイズ学会学術集会・総会, 東京, 11月, 2011.
  57. 照屋 勝治.
    HIV感染症の現状 - 暴露後予防も含めて- ICD講習会.
    日本性感染症学会第24回学術大会, 東京, 12月, 2011.
  58. 照屋 勝治.
    感染症診療の実際 -院内コンサルテーションの経験から- .
    第2回東京感染症フォーラム, 東京, 12月, 2011.
  59. 照屋 勝治.
    職員への感染対策.
    平成23年度院内感染対策講習会, 東京, 1月, 2012.
  60. 照屋 勝治.
    HIV領域で問題となる真菌感染症.
    平成23年度東北エイズ/HIV臨床カンファレンス, 宮城, 2月, 2012.
  61. 照屋 勝治.
    薬剤耐性菌に対する院内感染対策の実際.
    院内感染勉強会(国府台病院), 東京, 3月, 2012.
  62. 照屋 勝治.
    血液媒介感染における感染制御の実際.
    平成23年度院内感染対策研修, 東京, 3月, 2012.
  63. 照屋 勝治.
    感染症診療の実際 -院内コンサルテーションの経験から-.
    北海道血液感染症学術講演会, 北海道, 3月, 2012.
  64. 照屋 勝治.
    感染症診療の実際-院内コンサルテーションの経験から-.
    循環器感染症マネジメント研究会, 東京, 3月, 2012.

著書・総説

単行本−和文

  1. 照屋 勝治.
    HIV感染者に見られる肺炎.
    最新医学・新しい診断と治療のABC 17・肺炎改訂第2版. 藤田次郎編集, 最新医学社, 東京, p220-224, 2011.
  2. 照屋 勝治.
    免疫不全状態にある患者の肺炎.
    呼吸器研修ノート. 永井良三監修, 診断と治療社, 東京, p413-418, 2011.
  3. 照屋 勝治.
    HIV/AIDSの肺病変.
    レジデントのための呼吸器内科ポケットブック. 吉澤篤人 杉山温人 編集, 中山書店, 東京, p190-194, 2012.
  4. 塚田 訓久.
    急性HIV感染症.
    こんな感染症に注意! 外来で知っておくべき知識はこれだ!! . 吉田敦編集, メジカルビュー社, 東京, p242-246, 2012.

総説-和文

  1. 照屋 勝治.
    HIV感染症と呼吸器ウイルス感染.
    日本胸部臨床. 70(5):460-468, 2011.
  2. 照屋 勝治.
    診断と治療のTopix. 結核.
    HIV感染症とAIDSの治療. 2(1):25-33, 2011.
  3. 照屋 勝治.
    医療従事者の感染対策.
    Mebio. 28(7):72-81, 2011.
  4. 照屋 勝治, 岡田 誠治, 川名 敬, 加藤 哲朗, 佐原 力三郎.
    シンポジウム「HIV感染と腫瘍」.
    日本エイズ学会誌. 13(2):47-55, 2011.
  5. 照屋 勝治, 他.
    座談会. 新しい抗HIV療法(ART)を考察する.
    HIV感染症とAIDSの治療. 2(2):4-17, 2011.
  6. 潟永 博之.
    HIV治療の現状.
    日本医事新報. 4533:83-84, 2011.
  7. 潟永 博之.
    抗HIV薬の臨床.
    実践薬理学. 140-146, 2011.
  8. 田沼 順子, 正木 尚彦.
    HIV感染者におけるB型肝炎の重複感染に対する対応.
    日本臨床. 69(4):529-534, 2011.
  9. 矢崎 博久.
    ニューモシスチス肺炎の予防策はいつ始め、いつやめるか? .
    呼吸器感染症における不思議. 50:193-199, 2011.
  10. 渡辺 恒二.
    誰もが知っておくべきHIV/AIDSの基礎知識_管理で気をつけることは? メンタル的な問題.
    治療. 93(11):2255-2261, 2011.
  11. 土屋 亮人, 岡 慎一.
    全自動化学発光免疫測定装置”HISCL-2000i”を用いたHIV抗原抗体同時測定試薬の基礎性能評価.
    医学と薬学. 66(6):1091-1098, 2011.
  12. 池田 和子.
    コーディネーターナースの役割と重要性.
    臨床と微生物. 39:180-183, 2012.
  13. 土井 まつ子, 須川 真規子, 長崎 由紀子, 池田 和子, 島田 恵.
    慢性感染症患者へのかかわり~ HIV/AIDSコーディネーターナースの実践から学ぶ~ .
    INFECTION CONTROL. 21:88-91, 2012.
  14. 塚原 優己, 谷口 晴紀, 井上 孝実, 山田 里佳, 源河 いくみ, 大金 美和, 外川 正生, 喜多 恒和, 和田 裕一.
    特集 周産期感染症対策マニュアル「母子感染 HIV ウイルス」.
    産婦人科の実際. 60:405-417, 2011.
このページのトップへ