トップ > ACCについて > ソーシャルメディアポリシー

ソーシャルメディアポリシー

更新日:2020年7月20日

エイズ治療・研究開発センター(以下「ACC」といいます)では以下のソーシャルメディアを活用し、ACCの取り組みのご紹介やHIV感染症に対する正しい医療的知識を多くの方に知って頂くための活動を行ってまいります。本ソーシャルメディアポリシーは予告なしに変更する場合があります。追加変更等があった場合は都度こちらのページにてお知らせいたします。

1.運営者

国立研究開発法人国立国際医療研究センター エイズ治療・研究開発センター

2.運営しているソーシャルメディアサービス名称

YouTube

3.内容

ACCに関わる様々な情報発信の他、情報やコンテンツを配信していきます。ソーシャルメディアからACCが投稿、動画配信した内容に関しコメント等を頂いても、原則として返信は行いませんのでご注意ください。

4.運営期間

ソーシャルメディアコンテンツは予告なく運営終了・削除される場合があります。

5.免責事項について

ACCは、ACCアカウントによる広報内容の正確性、運用等におけるセキュリティーの確保等には細心の注意を払っておりますが、情報・コンテンツの誤りや第三者による改ざん等の危険性を完全に排除できるものではなく、利用上の安全性および掲載情報の信頼性について、一切保証するものではありません。また、ソーシャルメディアコンテンツにおける情報の正確性・完全性を保証する義務を負いません。
ACCは、ユーザーがソーシャルメディアコンテンツを利用したこと、もしくは利用することができなかったことによって生じるいかなる損害についても一切責任を負いません。
ACCは、ユーザーにより投稿されたコンテンツ、オンラインで保管しているデータについて一切責任を負いません。
ACCは、ソーシャルメディアコンテンツに関連して、ユーザー間又はユーザーと第三者間でトラブル・紛争が発生した場合であっても、一切責任を負いません。
投稿にかかる著作権等は、当該投稿を行ったユーザー本人に帰属しますが、ACCが行った講演または投稿したコンテンツを流用した他のユーザーの投稿に関しては、ユーザーはACCに対して著作権等を行使しないことに同意したものとします。

6.注意事項について

ソーシャルメディアコンテンツに対して、以下のような行為はご遠慮ください。ユーザーの行為が以下のいずれかに該当する場合、投稿の削除、アカウントのブロックや削除、注意喚起のメッセージ送信、等をする場合がございます。

  • 本人の承諾なく個人情報を特定・開示・漏洩する等プライバシーを害するもの
  • ACCまたは第三者の名誉・信用を傷つけるものや、誹謗中傷するもの
  • ACCまたは第三者の著作権・商標権・肖像権等、知的財産権を侵害するもの
  • 法令に反するものまたはそのおそれがあるもの
  • 公序良俗に反するもの
  • 犯罪行為等を誘発または助長するもの
  • 他のユーザーまたは第三者等になりすますもの
  • 投稿が広告・宣伝目的のもの
  • 記載された内容が虚偽または著しく事実と異なるもの
  • 人種・思想・信条等の差別を助長するもの
  • 同一のユーザーにより繰り返し投稿されたもの、同一内容または内容が似通っているもの
  • サービスを提供する各ソーシャルメディアサイトが定める利用規約に反するもの
  • ソーシャルメディアコンテンツの趣旨に関係のないもの
  • クラッキング等により運営を妨害するもの
  • その他、当センターが合理的理由により不適切と判断するもの

7.知的財産権

アカウントに掲載されている、写真、イラスト、音声、動画および記事等の知的財産権はACCまたは正当な権利を有する者に帰属します。アカウントの掲載記事に対する「フォロー」、「ツイート」、「いいね!」および「シェア」の機能については、自由に使用していただくことができます。また、出典を明記しての転載は可能です。ただし、「無断転載を禁じます」等の注記がある場合には、この限りではありません。

基本情報へのアクセスについて

ユーザーがソーシャルメディアコンテンツのファン(読者・フォロワー)として登録いただいた場合は、本規約に同意いただいたものとみなし、ユーザーが公開しているユーザーの名前・プロフィール写真・性別・ネットワーク ・ユーザーID・友達リスト等、公開されているアカウントやプロフィール情報へのソーシャルメディアコンテンツからのアクセスを許諾したものとみなします。

このページのトップへ