メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 当センターについて > ごあいさつ

ごあいさつ

岡 慎一

国立研究開発法人国立国際医療研究センター
エイズ治療・研究開発センター長
岡 慎一

エイズ治療・研究開発センター(ACC)は、薬害エイズ訴訟の和解をふまえ、被害救済の一環として1997年4月1日、国立国際医療センター病院(当時)に開設されました。構成は、臨床研究開発部のもと、専門外来、病棟、医療情報室、治療研究開発室の4部門からなっております。また、被害救済を一層強化するため、2011年7月より救済医療室を併設、ACCのみならず、血液内科、消化器内科、リハビリ科、整形外科など多くの科の先生方にも参画いただいてお ります。

ACCの第一の任務は、HIV感染者に対する包括的治療を行い、予後の改善と長期にわたる患者の社会生活をサポートすることにあります。2010年末ま でにACCを受診した患者数は、3000名を超えました。国立国際医療研究センター病院の全科対応や抗HIV療法の進歩にも助けられ、ACCを受診する患 者の予後は劇的に改善しております。しかし、設立の経緯からも単なるHIV感染症診療を実施するだけでは不十分であります。ACCは、日本のHIV感染症 診療のトップ機関として、また、政策医療の担い手として、ブロック拠点病院、中核拠点病院、拠点病院からなる日本のHIV感染症診療の均てん化をはかり、 診療のレベルアップをサポートすることも重要な責務であります。このため、医療従事者を対象とした数多くの研修活動を行っております。また、先進的な医療 を実践、提供することも大きな任務であり、患者の体質に基づいたテーラーメイド治療や、HIV/HCV合併肝硬変症例に対する肝再生研究を開始しています。日本人に適した新しい治療法を開発するための臨床研究や多施設共同臨床試験なども積極的に行っております。

世界規模で考えれば、HIV感染症/エイズ問題は、むしろ途上国で拡大しています。このため、ACCの活動は国内にとどまらず、HIV感染者の多い途上国、特にアジアの国々との共同研究なども行い、国際貢献を果たしております。

このように、ACCでは、豊富な症例数、臨床研究、国際協力などを通じ、感染症全般を学ぶことが可能で、現在多くの若手医師が集まり、切磋琢磨しており ます。HIV感染症診療を通じ、広い視野を持った世界に通用する若手感染症専門医が育成され、感染症領域全体の底上げにつながることは、我々の大きな喜び でもあります。

HIV感染症が、医療分野にとどまらず、社会的にも、政治的にも、人類全体にとっての大きな問題であることは紛れもない事実です。ACC一同、この大きな難題に正面から対峙する所存でございます。皆様からの幅広いご助言、ご支援を賜れれば幸いです。